ブランコの理論★幸せとか不幸せとか編★/EP.0345/2022.06.14

「底つき体験は断酒につながる?」

幸せと不幸は両極端にあるものだ。
同時には味わえないが、
ずっと同じ状態でいることもない。
現状、ツラい状態にある人ほど
幸せになれる可能性が高い。

なぜなら、
ブランコの原理と同じように
悲しみや苦しみが深く、
底の底まで落ちて
キツさやツラさを
存分に味わえば味わう程に
ブランコのふり幅が大きくなり、
反動でより幸福に向かって
振り切れるからだ。

ブランコを利用した靴飛ばしもジャンプも
遠くに飛ばせるし・飛べるのは
子供時代に経験した通り。

アル中で底まで落ちた人間は、
幸福へ向けての充電は
十分に溜まった状態といえる。
「もう十分でしょ!」って、
周りの人の助言を無視し続けて
パンパンに不幸を
ため込んできたのだ。

たしかに、
断酒や禁酒に向けるまでの
最初のマインドセットは大変だが
一度はじめてさえしまえば、
後に起こる問題や
不安のほとんどは
イージーゲームだ。

あの苦渋に満ちた生活と比べれば
大抵の事は乗り切れるし、
大抵の事は幸せに感じられる。

あんなに酷く人間的でない、
屈辱的な日々に比べれば
怖いものなど何もない。
普通の人が不幸に感じることさえも
我々は幸せに感じる事が出来るのだ。

つまり、
断酒さえはじめてしまえば
今俺たちの状態は…、
幸せってことじゃあないのか?

▼本日の動画▼
youtu.be

▼過去問▼
アルチュウのマインドセット

dogstar3x3x3.com
自由とは何だ?
dogstar3x3x3.com
血液検査はハッピーだ
dogstar3x3x3.com

★禁酒にまつわるエトセトラ★
今日の一歩を明日の一歩へつなげる・・・
Project:-KuuHuKu-空白a.k.a「NulL』