誰かの為に誰かが酒を呑む/EP.0341/2022.05.24

「順番はやり遂げればいいし、やり遂げる必要がある」

アルチュウになる人と
アルチュウにならない人の
違いや境界線というのは、
いつも議論に出るが
未だに答えはでてない。

やれ環境のせい?
やれ性格のせい?
やれストレスのせい?
やれ人間関係のせい?
色々な角度で捏ねくり回しても
糸が絡まり、
余計にわからなくなるだけだ。

「何かのせいの視点を変える」

これは順番や役割と同じで
誰かが誰かの為にやらなきゃいけなかった。
※この場合は酒を
呑まなければならなかったと考える。

呑みたい!、
自堕落な生活をしたい!

という誰かの強烈な願望や夢を
叶えてやる必要があったのだ。
遂に順番が回ってきたみたいだ。

だから、今回は我々が
アルチュウになって
酩酊して底辺を
這いずり回る生活をすることで
何処かの誰かの
溜飲をおろす必要があった。

そして、この俺の血反吐を吐くような
苦しむ飲酒生活のおかげで、
何処かの誰かは今
日も笑って過ごせる。

やがて時が来て、
「おつかれさん。もういいよ」
と肩を叩かれて、
この長い長い悪夢から我々は目を覚ます。

つまり、アルコールから抜け出した
今という生活があるのもまた、
何処で誰かが自分の
呑みたいという願望を肩代わりして
自分の代わりに
酩酊してもらっているという状態。

「断酒は困難だが困難じゃない」

これは順番だから
その時が来るのを待てばいい。

そしていざその時が来たら、
あんなに苦しんで
不可能とさえ思えた断酒が、
とても簡単に
拍子抜けするくらいに呆気なく、
自然に出来るようになる。

実は断酒道とは、
そんな簡単な構造な気がする。

★本日の動画★

youtu.be

▼過去問▼
アルチュウの定義とは?

dogstar3x3x3.com
断酒スタイルを考える
dogstar3x3x3.com
断酒マラソンって知ってる?
dogstar3x3x3.com

★禁酒にまつわるエトセトラ★
今日の一歩を明日の一歩へつなげる・・・
Project:-KuuHuKu-空白a.k.a「NulL』